便利TOOL

有料版を使う前に無料版でプロジェクト管理ツールを使ってみよう

報連相を大事にしよう

仕事では報連相が大事といわれています。これは逐一確認をすることで自分一人で判断し、勘違いすることを少なくする上で大事なことです。この報連相は、ツールを使うことでよりスムーズにできますが、ツールには体験版というものがあります。

体験版や無料版も使おう

社内

一度使ってみる

社内管理のためにコンピューターソフトを使うことで、人為的な漏れやミスを減らすことが可能になります。
そのため、プロジェクト管理ツールを一度使ってみたいと考える人もいるかと思いますが、いちいち購入していてはコストがかかってしまうので、無料版を使ってみるのも良いでしょう。

クラウドとインストール型

コンピューターを使ったツールは利用方法が二つに分かれています。これは無料版でも同じなので、インストール型とクラウド型、両方試してみることが可能です。
クラウド型だとどこからでもプロジェクト管理ツールにアクセスすることができますし、インストール型だとセキュリティが管理しやすいというメリットがあります。

簡易なもので良い

会社によっては、人数も少ないので情報の共有がしやすいということもあるかと思います。そういったところであれば、簡易なプロジェクト管理を使うことで済むでしょう。
簡易版にはタスク管理だけをするものもあります。

高度な機能

今後成長を見込んでいるような会社であれば、もう少し高度なプロジェクト管理を使いたいと思うかも知れません。
そういった場合に体験版や無料版を使うのです。高度な機能といえばガントチャートなどがあります。

ガントチャートを使って工程管理

プロジェクト管理における機能の中で高度な技術を使っているものといえばガントチャートがあります。ガントチャートには以下の機能があるので注目です。
・プロジェクトの進捗状況がわかる
・タスクの関係性を把握できる
・視覚的にタスクが表示できる

社内の情報共有はこうやってうまくいく!

社内

体験版や無料版も使おう

プロジェクトを円滑に管理するためにツールを使ってみたいと考えたとき、できるだけコストを低くする方法があります。無料や体験版を使うことができますが、自社に合ったツールを選ぶときのポイントを知りましょう。

READ MORE
女性

情報を活用して比較しよう

比較することでツールの良さというものは把握できます。インターネットでもまとめサイトやIT系の記事など様々な情報が転がっていますので、情報を活用しながら良いツールを見つける方法を知っておくと良いといえます。

READ MORE
システム

他の業務もスムーズになる

プロジェクト管理ツールを使うとどのような影響がもたらされるのか、それを確認しておきましょう。一部のプロジェクトが円滑に進むというだけでなく、これを全体に活用すれば工数管理もしやすくなるので注目されています。

READ MORE
男の人

導入されている場所

使う企業によってプロジェクト管理ツールの使い方というものは変わってきます。どのように使えば良いのか、どんなツールを選べば良いのか迷った場合は、そのツールの導入事例を確認してみるようにしましょう。

READ MORE
広告募集中