便利TOOL

使ってみなくても人気のランキングをチェックすれば分かる

情報を活用して比較しよう

女性

早く選びたい

いくつか無料版のプロジェクト管理ツールは存在するため、それを試してみれば自社にとって使いやすいかどうかを判断することができます。
しかし、全てを比べてみるのには時間もかかってしまいますし、急いでツールを使わないといけないという場合には無難なものを選んでしまうこともあるでしょう。

情報を集めよう

使ってみなくても、個々のプロジェクト管理ツールの情報は公開されています。そのためある程度は絞り込むことができるでしょう。
「インターネットの比較情報」
「ホームページで公開されている情報」
「周囲の企業が何を使っているか」
などを参考にして選ぶことができます。

必ず比較サイトがある

特にこういったIT系の社内管理ツールは、近年多くの企業で使われてきているので、インターネットの情報が役に立つでしょう。
IT系の記事を書いているインターネットサイトでは、実際使ってみて細かく比較してくれているので、その情報を元に選ぶことが可能です。

プロジェクト管理で使いたいツール5選!

no.1

収支管理ができる

一位に選ばれたプロジェクト管理ツールの機能は、プロジェクトに関わる収支や原価の管理ができるものです。プロジェクトの成功如何は収支によって知ることができるため、これが分かりやすく見えるツールが一番求められているのです。

no.2

簡単に操作できる

どんなに便利なツールであっても、操作が難しければ活用することができません。そのため、二番目に注目されているのがシステムを作成しやすい管理ツールだといえます。コミュニケーションをスムーズにするためのチャットもすぐ作れます。

no.3

受発注管理ができる

売上に関わる部分が商品の受注と発注です。これがスムーズに行なわれているプロジェクトは良いプロジェクトだといえます。人気プロジェクト管理ツールで、第三位に受発注がしやすいクラウド型のツールが選ばれているのはそのためです。

no.4

時間や内容を管理

四番目に求められている機能は、活動時間を管理できるツールです。特にプロジェクトにおいて様々な人が関わっている場合はこの管理ツールは活躍します。活動時間だけでなく、その内容まで可視化できれば、もっと便利です。

no.5

業務管理を簡単にする

使いやすいツールはやはり人気があります。業務を全て人の手で管理しているとどうしても業務管理に無理が出てしまいます。その業務管理の補助的役割で使える、ファイルの登録やリストの可視化ができるツールが人気です。

社内の情報共有はこうやってうまくいく!

社内

体験版や無料版も使おう

プロジェクトを円滑に管理するためにツールを使ってみたいと考えたとき、できるだけコストを低くする方法があります。無料や体験版を使うことができますが、自社に合ったツールを選ぶときのポイントを知りましょう。

READ MORE
女性

情報を活用して比較しよう

比較することでツールの良さというものは把握できます。インターネットでもまとめサイトやIT系の記事など様々な情報が転がっていますので、情報を活用しながら良いツールを見つける方法を知っておくと良いといえます。

READ MORE
システム

他の業務もスムーズになる

プロジェクト管理ツールを使うとどのような影響がもたらされるのか、それを確認しておきましょう。一部のプロジェクトが円滑に進むというだけでなく、これを全体に活用すれば工数管理もしやすくなるので注目されています。

READ MORE
男の人

導入されている場所

使う企業によってプロジェクト管理ツールの使い方というものは変わってきます。どのように使えば良いのか、どんなツールを選べば良いのか迷った場合は、そのツールの導入事例を確認してみるようにしましょう。

READ MORE
広告募集中